強力CSSオンラインエディタたぬきのしっぽです。
公開中 http://style.yarea.net/

2006年04月18日

僕にはSEOが必要かな

SEOは「えせ科学」か? 

 
「人工的なSEOを施すよりも内容で勝負したほうがいいという」のはそのとおり。誰だってそう思うよ。
これは面接にたとえてみればいいと思う。マジ才能がある人は小手先のテクニックに頼らずに正々堂々自分のあるがままを望めばよいですよ。

 
多くのその他大勢の人もそうしたいが才能が無い。しょぼん。
じゃあ何をするかといえば「面接の達人」メンタツとか見て面接のスキルを磨くのだ。僕は就職活動に遅れこのような面接テクニックを知らなかったばかりに新卒の時は思うように就職活動が出来なかった。でも小手先のテクニックでもうまく面接がとおり、面接官をうまく騙せればOKなわけだ。
 
SEOのコンサルティングも同様にGoogleを騙すテクニックを教えてくれる。そのおかげでアクセスアップして売り上げに貢献することだってある。 
satoshiさんは人気があって優秀だから小手先のテクニックは必要ない。だからって他人に対して意味無いよっていうのはそれは違うのです。優秀な人にはわからないこともあるんですよ。たぶん。
 
そしてSEOは別に嘘はない。  
えせ科学は完全な嘘です。科学っぽく言っているだけ。水に「ありがとう」と声をかけたら水が喜んで氷の結晶が綺麗になるとかありえないし。ただ人間は自分が「こんな風だったらいいな」とか漠然と思う事に対して科学的な根拠があると信じてしまう。その根拠は実は嘘だけど、対して検証せずにただ盲目的に信じてしまう。。
「みんな見たい現実だけを見ようとする」から
ゲームばかりやっている子供の親は特に理由もいえないけど子供にゲームをやめさせたい。「ゲーム脳っていう科学的な話があるからゲームやめなさい。」という発想だ。自分では検証できないし、しない。ただ説明が科学的な感じだと信じてしまう。危険。


えせ科学とSEOを同列にしてしまうとコンサルティング業すべてがうさんくさくなっていしまいませんか。 そんなこというとIT系はすべて虚業だとかいわれてしまいますよ。


SEOが科学かといわれたら疑問だけどソーシャルエンジニアリングと同じ類のものではないでしょうか。サーチエンジンに引っかかる内容がないよのページにむかつくのは分からないでも無いけど。

 
僕もsatoshiさんと同様に米国出張から帰ってくる際に「the search」を購入したんだけど、全然飛行機で読めなかった。。英語読んでると途中で字面だけ読んでる自分がいて、ああまずいと引き返し結局読み進んだのは少しって具合。メールとか社内文書とかは慣れ親しんでるし短いからわりとさくさく読めるけど、本なんかの長い文は良く読んでないと難しいです。
posted by PET at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | らくがき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。